口当たり甘め 宅飲み派日本酒ログ

日本酒本格参戦は29BYのティルニアが日本酒の話をするところ。

【日本酒の記録】玉川 純米吟醸手つけず原酒日本晴

まえがき

12月は我が家も新酒の季節。いつものように酒屋に向かうとこのラベルが見えたので買ってきました。

うちのブログでは某氏の風の森や花浴陽のような高い頻度で記事が出る玉川です。この時期なので季節物の手つけず原酒です。五百万石に続いて日本晴が出てきました。
ではスペックへ

f:id:thirunia:20200205040533j:plainf:id:thirunia:20200205040537j:plain

 

 まずはスペック

度数:17度
使用米:日本晴
精米歩合:60%
火入れ仕様:本生
日本酒度:
酸度:
アミノ酸度:
使用酵母:9号*1
備考:12月出荷1月開栓

備考2:直汲み

価格:1980円(税込み)

 12月出荷の新酒。これも販売店が少ない上にすぐ売れてしまうのが難点。日本晴はIcebreakerで使われている酒米です。ということでこれはその直汲みverということに。

 では感想の方へ

ティルニア舌メーター

この後の文章がわかりにくいならこっちだけ見ればいいさ。きっとイメージは掴めるはずさ。というコーナー

淡・・・・*・濃

甘・・・*・・辛

酸味:多い

苦味:後半に感じる

渋み:後半に感じる

味わいレビュー

まずはワイングラスで一杯。セメダイン系の香り。ガスは僅かながら二日目くらいまでは開栓時に少し気体が漏れます。

含むと味は濃いながら厳しい刺激は少なく、ゆったりと流れていきます。だから玉川の中ではライト。五百万石のように溶けないでツルツルになってるのではなくどこか(山田錦や雄町ともまた違う)溶け感を感じます。五味のうち旨酸苦渋がしっかり出てて甘さはやや控えめかな?
ネガティブさも全く感じず非常に魅力的な一本でした。玉川は今年も集中的に飲んでいく予定です。

この「ゆるさ」が魅力の一本でした。続いて買った雄町一号酵母よりもこっちの方が良かったと思います。

 

評価 8.9/10

記録用コメント:熟成に強い蔵が12月に出す直汲み新酒。「ゆるい」口当たりが魅力的。

ポジ+++

ネガ

 

【重要なお知らせ】来週で転居するので一時的にブログ更新が滞る可能性があります。回線工事は予約してるので多分大丈夫ですが銘柄ラインナップは変わるかもしれません。