宅飲み派日本酒ブログ:口当たり甘め

21から日本酒ばかり飲んでいるティルニアが日本酒の話をするところ。

札幌市で入手困難な日本酒銘柄

 

半分くらい自分用まとめです。

入手はほぼ不可能

十四代/朝日鷹・而今・花浴陽

勝駒・射美

取扱店が恐らくなく、通販でも入手がほぼ不可能な銘柄です。とにかく飲みたいのであれば飲食店では取り扱いしているところも多いのでそちらに頼りましょう。ただ、プレミアムが付いていることがしばしばあるので店選びが大変かも。

道内で入手可能

磯自慢・鍋島・農口尚彦研究所・渡舟など旭川の土井商店で入手することができるものの道内唯一取り扱いのものが5~10銘柄ほどあります。

森嶋は帯広に特約店があります。12/02 市内に取り扱い店を確認しました。
道内蔵でも北の勝・福司の限定品は札幌圏で入手が難しいかもしれません。

入手がかなり難しい

花邑・新政(ラピス・エクリュを除く)・飛露喜

非常に入手が難しいです。欲しければ酒屋さんのFBをよく確認しましょう。但し、新政は予告無し販売が酒屋さんから告知されているのでどうしても欲しければ通うことになるかと思います。

入手が難しい

新政(ラピス・エクリュ)・光栄菊・冩楽・幻舞・姿・作・田酒・小笹屋竹鶴

 入手は可能ですが売り切れるまでが非常に速いので目的の商品を入手することは難しいです。即日完売もありえます。小笹屋竹鶴ではなく竹鶴であれば複数店舗で簡単に入手が可能です。

黒龍の高級品も入手が難しいと聞きますが札幌ではよくわかりません。取扱店に聞いてみたほうがいいかもしれません。

入手は簡単だが手間がかかる・特定の商品がすぐ売り切れる

ソガペールエフィス、旭若松、悦凱陣、楽器正宗、七水、王祿、二兎(生酒のみ)
※アクセスの悪い酒屋のみが特約店になっている銘柄が結構あるので一例です。

郊外の酒屋で入手は可能ですが時期によっては入手ができなくなることもあります。
季節モノが多い日本酒の中ではまだ入手が容易かと思いますがこの手の蔵で限定品が出るとすぐ売り切れることも。
王祿の限定品は非常に入手が難しいです。特約店に通いましょう。

個人的には至や山間もあまり入手が容易ではない印象があります。

道外から通販可能(多すぎるので銘柄は一例)

信州亀齢、あべ、村祐、美酒の設計

など…天賦は入手可能ですが天美は取り扱いがありません。

評価が高く、入手もしやすいお酒(個人的おすすめ銘柄)

加茂錦/荷札酒 くどき上手 仙禽 宮寒梅
亀泉Cel
鳳凰美田
町田酒造 澤屋まつもと 大信州 
上川大雪(結構な数特約店があります)

いずれもバスや地下鉄で簡単にアクセスできる酒屋で入手できます。先に上げた銘柄はお酒を飲み慣れていない方向けなのでワインなどを飲む方は地酒屋穣・地酒仙丸などのお店をおすすめします。

 

風の森/醸し人九平次/会津

取扱酒屋が郊外にありアクセスが良くないのですがいつでも置いてあります。お酒を飲み慣れた方に特におすすめの酒屋さんです。

 

いかがでしたか?それでは良い日本酒ライフを!

 

 

 ※どこで売ってるかは調べればわかるので自分で調べてください。そこまでは手助けしません。検索するだけで簡単にわかります。

※時期もので一ヶ月程度しか入手ができないもの日本酒というのはよくあるので入れていません。