口当たり甘め 宅飲み派日本酒ログ

日本酒本格参戦は29BYのティルニアが日本酒の話をするところ。

【日本酒の記録】扶桑鶴 純米吟醸 雄町

まえがき

 

山陰系に強い酒屋がありましてそこで買ってきたものです。この前の金滴を飲んだのも同じ店。

 反射あるけど一応写ったらやばいものはのけといたんで大丈夫でしょう。

f:id:thirunia:20200414202429j:plain

 

f:id:thirunia:20200414202446j:plain
ではスペックへ

 

 まずはスペック

度数:15度
使用米:岡山県産雄町
精米歩合:55%
火入れ仕様:火入れ(回数不明)
日本酒度:+1.5
酸度:1.7
アミノ酸度:1.6
使用酵母:7号
備考:2月末開栓

備考2:

価格:1723円(税抜き)

数値は力強そうな印象ですが実際飲んでみるとどうでしょうか?値段はやや高めか通常くらいです。

 では感想の方へ

ティルニア舌メーター

この後の文章がわかりにくいならこっちだけ見ればいいさ。きっとイメージは掴めるはずさ。というコーナー

淡・・・・*・濃

甘・・・*・・辛

酸味:少なめ

苦味:後半に感じる

渋み:ほぼなし

味わいレビュー

まずは田酒グラスで一杯。香りはほぼ感じません。液は綺麗に黄色。

含むと液性は想像通りしっかり骨太。加水火入れなので無濾過生原酒にありがちなパワフルさは皆無です。そして山陰系にありがちな、くすんだ後味みたいなものがありますね。恐らく舌に残る渋みです。

甘さは僅かで旨味を中心にして酸味渋み苦味が少し出た後にしっかり切れる。純米らしくアルコールの荒々しさもないのがこの系統の特徴か?

加水火入れはあまり飲む機会がありませんが安心できる味わいでした。
 まだ硬いとのことなので次は古いものも飲んでみたいですね。

 

 

評価 8.5/10

記録用コメント:安心と信頼の山陰系

ポジ+

ネガ